> 完済後の過払い金返還請求について

完済後の過払い金返還請求について

最近、テレビコマーシャルや新聞の折り込みチラシなどで、
「過払い金返還請求」という言葉をよく耳にします。
この「過払い金返還請求」というのはいったい何なのでしょうか

そもそも過払い金というのは、消費者金融利用の際に払いすぎてしまった利息の事を指します。
そんなことがあるのかと思いきや、実際にそのようなケースがあるのです。

廃止されたグレーゾーン金利

それらのケースのほとんどを占めるのが、グレーゾーン金利に伴うもの。
グレーゾーン金利というのは、消費者金融などで違法ではあるが罰則はない金利のことです。
一般的には、年利20パーセントから29.2パーセントの間のカードローンなどの金利のこと。
ではなぜ、このような違法状態が野放しになっていたのでしょうか。
それは、2つの法律の齟齬があります。

消費者金融の金利などを規制する法律には、2つの法律があります。
出資法と利息制限法です。

出資法:上限金利は29.2%
利息制限法:上限金利20%

出資法による上限金利は29.2パーセントで、これを越えると刑事罰が課されます。
一方利息制限法による上限金利は20パーセントなのですが、これを越えても刑事罰は課されません。

刑事罰がないのならということで、消費者金融やキャッシングの会社では、
20パーセントから29.2パーセントの金利で貸付を行っておりました。
しかし現在では、出資法の金利が利息制限法と同じ20パーセントにまで引き下げられているので、
グレーゾーン金利はなくなっております。

最近ではグレーゾーン金利の過払い金返還請求の話も少なくなってきましたが、まだまだ過払いの相談も多いようです。沢山あった消費者金融もこの過払い金の問題で銀行の資本が入っている業者しか残っていない状況になっています。過払い金の問題は誰に相談すればよいのでしょうか?

弁護士に依頼するとスムーズ

これらのグレーゾーン金利でお金を借りている人、
あるいはすでに借り入れを完済した人に関しては、過払い金返還請求というものができます。
現在お金を借りている人の場合には、利用明細や契約書が残っているケースが多いので、
比較的スムーズです。
問題は完済した人で、明細や契約書が残っていないケースもあります。

そういった場合には、弁護士に頼むとスムーズです。
完済したとしても、ある程度の期間は履歴などを保存する義務が貸金業者にはあります。
弁護士が完済の履歴を請求することは簡単ですし、過払い金も戻ってきます。