> 審査を通るためのポイント①

審査を通るためのポイント①

消費者金融で審査を通るためのポイントとして、
まず最初に挙げておきたいのが、
総量規制の範囲内での借り入れとするということです。

そもそもこれは、
改正貸金業法が施行されて以降は当然といえば当然の話ですね。

審査に落ちてしまったという方の中には、
総量規制そのものについてご存じなかったりするケースや、
総量規制については知っていても、自分の総借入額について
きちんと把握できていなかったりするケースなどが意外と多いようです。

ではここで総量規制について一度おさらいしておきましょう。

・総量規制とは

【個人の借り入れを年収の3分の1までに規制する】

というものです。これは2010年に完全施行となった、
改正貸金業法におけるきまりですから、貸金業者からの借り入れが対象となります。

つまり、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠などの借り入れが対象です。
銀行での借り入れは対象外、
自動車ローン、不動産(住宅)ローン、おまとめローンなどは除外項目となります。

対象外とか除外とか、ちょっとわかりづらいのですが、
要は消費者金融での借り入れと、クレジットカードのキャッシング枠での借り入れ分が
総量規制の対象となる。と覚えておけば間違いないと思います。

借り入れ可能な額を知る

まずは、これまでに借り入れがあるという場合は、借り入れ総額を把握する。
そして、ご自分の年収と照らし合わせて、借り入れが可能な金額を知るということが
お金の借入を考える上での第一歩だといえるでしょう。

確実に審査に通りたい場合であれば、
この借り入れが可能な金額の範囲内で申し込みを行えば、
ほとんどの場合が、問題なく審査に通過することができるはずです。

年収の3分の1を超えていたら

これまでの借入額が、すでに年収の3分の1を超えてしまっていた場合は、
消費者金融での借り入れは不可能だと考えましょう。
それでも審査に通るというような消費者金融も、ないことはないですが、
そういった業者は、いわゆる法律を遵守していない業者であるといえます。
融資を行うまでは、良い顔をしているかもしれませんが、
融資を行った途端に、態度が豹変するといった可能性があります。

ちなみに、年収の3分の1を超えてしまっていた場合に、
借入できるところはないのかといいますと、そんなことはありません。

銀行での借り入れについては、総量規制の対象外ですから、
まだまだ借り入れできる可能性は残されています。