> 審査を通るためのポイント③

審査を通るためのポイント③

消費者金融で審査を通るためのポイントとして
3つめに挙げておきたいこととしては、
やはり、申し込み時の申告内容を正直に申告することが挙げられます。

申し込み時の申告内容の中でも、特に重要視される点としては、
やはり、勤務先、勤続年数、年収、他社を含む総借入額となります。

これらの申告内容について、
あまりにも実際とかけ離れた内容での申告を行ったりした場合は、
信用情報機関にある情報と照会を行った段階で、
虚偽の申告をしているということが判明してしまい、
その時点で、審査を通ることができなくなってしまいます。

勤務先や年収は

勤務先や年収などは、消費者金融に申し込みを行うからといって、
どうにかして変えられる類のものではありませんし、
実際のありのままの内容で申告を行うことが大切です。

また、他社を含む総借入額に関しては、
審査を通るためのポイント①で挙げた、ご自分の借り入れ可能な額を知る
とも重複しますが、やはりこういった自分自身がどれだけ借入をしていて、
あとどれぐらい借り入れが可能であるかという点は、
正直な申告をするという側面から、非常に重要になってくるのです。

勤続年数のボーダーラインは?

勤続年数に関しては、もちろん変えることはできませんが、
ある程度大丈夫といえるまで待ってから、申し込みを行うことが可能です。
そういった意味での、審査に通る勤続年数のボーダーラインはといいますと、
おおよそですが、半年以上同じ勤務先で働いていれば、
大抵の場合は大丈夫だといわれています。

転職後、間もない状態で申し込みを行ってしまい、
審査に落ちてしまうよりは、ある程度時間をおいて、
最低半年以上が経過してから申し込みを行うことで、
審査に通る確率もグーンとアップしてくるといえるでしょう。